文章力の向上

良い文章を書くには?プロが必ず意識している3つのこと【初心者】

 

ブログを初めて3ヶ月経過しました。でも、、、収益ゼロ!良い文章を書くコツはありますか?

ブログで稼ぐには良い文章を書くことが必須です。

なぜなら、人が行動しないから。

でも、どうやったら良い文章が書けるのか、わかりませんよね、、、

そこでこの記事は、良い文章を書く「3つの方法」を記載します。

著書「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を参考に紹介します。

本書を読めば、人を行動させる文章力が身につきます。

 

この記事でわかること

  • 良い文章の定義
  • 著書の概要
  • 文章を早く書くコツ

 

記事で参考にした書籍は無料ダウンロードできます
(2021年8月10日現在)

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible


本を立ち読した後、本を購入する。

旅行雑誌を読んだ後、旅行を申し込む。

読む前と読んだ後で、読者の行動が変わっていること。

逆に言えば、ダメな文章は行動しない文章です。

プロが必ず意識している3つのこと【良い文章を書くには?】

良い文章を書くためプロが必ず意識している3つのこと。

著書にこう記載されてます。

  • 読者の椅子に座ること
  • 文章の構成を理解すること
  • 文章のリズムを意識すること


順番に解説します。

読者の椅子に座ること

1つ目は「読者と同じ椅子に座ること」です。

なぜなら、読者の気持ちを深く理解できるからです。

喫茶店で同じテーブルに座るイメージです。

椅子の硬さ、座り心地、椅子の高さに座ること。

同じ景色を見ることができます。

では読者の椅子に座る方法はどうするのか。

それは10年前の自分に座らせること

当時、どんな悩みを抱いて、どう変わりたかったか。

感じたことを、文章に落とし込んでください。

結果、相手の心に響き、行動する文章となります。

正しい文章の構成を理解すること

2つ目は正しい文章の構成を理解することです。

なぜなら、バラバラな構成では、主張が伝わらないからです。

いつかフルマラソンを走ることを目標に、ランニングを続けてますが、皆さんもランニング始めましょう。

上は、主語や結論がないので、意味が伝わりにくい文章です。

下は、結論から→理由→具体例→結論となっており、主張が伝わりやすいです。

私は4月のホノルルマラソンを完走する目標があります。だから毎日5kmのランニングを続けています。

文章の目的は、人を動かすこと。

主張がなければ、人は動きません。

なぜなら、中身のない文章になるから

主張を伝えやすい「文章の型」はPREP法(ぷれっぷほう)です。

主張→理由→例(事実)→主張

良い文章にPREP法が使われる理由は、正しい文章の構成で書けるから。

家族との会話を、PREP法で話すと、正しい構成で話すクセが付きます。

文章のリズムを意識すること

3つ目は、文章のリズムを意識すること。

なぜなら、リズムの悪い文章はすぐに離脱されるからです。

文章のリズムは「理論展開」によって決まります。

つまり話に筋が通っているか?です。

リズムのいい文章は、違和感なくスラスラ読めます。

気づいたら読み終わっていた本ありますよね。

では、どうしたらリズムのいい文章が書けるか。

それは接続詞を適切に使うこと。

なぜなら、接続詞は、車のウィンカーと同じだからです。

接続詞は車のウィンカーのように、理論展開を助け、読みやすい文章にしてくれます

間違った接続詞の使い方です。

「お腹がすいています。」しかし「今日は大盛りのカツカレーを食べました」

間違った接続詞だと、主張がくずれて、リズムよく読めなくなります。

下は、正しい接続詞の使い方です。

「お腹がすいています。」だから「今日は大盛りのカツカレーを食べました」

文章の論理的整合性は「接続詞」によって保たれています。

文章を書いたら「話が繋がっているか」を意識してチェックしてください。

もし、繋がっていなかったら「接続詞」を見直してください。

よい文章になってるか確認する方法【良い文章を書くには?】

 

良い文章(論理展開)になってるか確認する方法ってあるの?

書いた文章をにしてみてください。

良い文章(論理展開)は「シンプルな図」で表現できるからです。

例えば「桃太郎」は簡単に図にできます。
桃太郎

これだけで、ストーリーが見えますね。

ハチャメチャな文章は、うまく図にすることができません。

なぜなら、図と図の関係を表す「矢印」が繋がらないから。

図にできなければ、つながらない文章を見直すことです。

まとめ【良い文章を書くには?】

まとめです。

良い文章は読者を動かす文章です。

なぜなら、文章の本質は、課題の解決だからです。

良い文章を書くために、初心者が意識すべき3つのこと。

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」にはこう記載されてます。

  • 読者の椅子に座ること
  • 章の構成を理解すること
  • 文章のリズムを意識すること

アクションプラン

まずはAmazonオーディブルで無料ダウンロードしてください。読者の椅子に座ること、詳細が書いてあるので、必見です!

文章スキルは、 すぐに身につくスキルではありません。

当たり前ですが、 コツコツ勉強し努力しなければいけません。

しかし、その先には、この世でもっともお金を生むスキル「ライティング」を最短で手に入れることができます。

20歳の自分に受けさせたい文章講義