文章力の向上

人を動かす:人を操る禁断の文章術 メンタリストDaiGo【要約・レビュー】

 
人を操る禁断の文章術の要約教えて!

文章力がないと、人は行動しません。

人が行動しない、ということは、商品が売れないということ。

つまり10年、20年、ブログ運営続けても稼げないでしょう。

そんな未来を打破する技術が凝縮された本です。

本書を読めば「メンタリズム文章術」で人を自由自在に動かす文章スキル、が身につきます。

この記事でわかること

  • 人を動かす文章術の要約・レビュー
  • メンタリズム文章術
  • 成約率を高める文章スキル

記事で参考にした書籍は無料ダウンロードできます
(2021年8月10日現在)

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

人を動かす文章術【要約・レビュー:人を操る禁断の文章術 】

結論、本書を読めばアフィリエイトで成果が上がるようになります

なぜなら、人を動かす文章術を学べるから。

本書は「メンタリズム」を使って人を動かす文章術が学べます。

メンタリズムとは「心理学」であり、人と人との信頼関係を深める技術です。

そして、メンタリズムの本質は「信頼を構築し行動へと促す」こと。

例えば、肩こりが酷い場合を想像してください。

もしお医者さんに「肩こりをすぐ治すには、正露丸を飲んでください」って言われたら、信じて飲みますよね?

お医者さんという信頼が、ありえないことでも人を動す。

この恐ろし技術を、文章に融合させた新しい技術が「メンタリズム文章術」です。

メンタリズム文章術を書くコツ【要約・レビュー:人を操る禁断の文章術 】

文章は行動させるために書くもの

メンタリズム文章術って、どうやって書くの?

「メンタリズム文章術」を書くコツはこちら!

読み手の想像力を刺激して、感情を揺さぶりる文章

例えば、衝動買いした洋服の場合。

その服を着ているイメージを持って購入しませんでしたか?

具体的にイメージさせ、感情を揺さぶるメンタリズム文章術はこちら。

  1. HARM(ハーム)の法則
  2. ホンネとタテマエ
  3. ありきたりな文章を名文に変える

順番に解説します。

HARM(ハーム)の法則

HARM(ハーム)の法則HARM(ハーム)の法則

1つ目は「HARM(ハーム)の法則」です。

HARM(ハーム)の法則は、「人間の悩み大原則」4つの頭文字をとったもの。

人間の悩みは、この4つのどれかに必ず当てはまります。

Health(健康・美容)

Ambition(夢・将来・キャリア)

Relation(人間関係・結婚・恋愛・会社)

Money(お金)

例えば「女性にモテたい」という悩みを持った男性に「女性に100%モテるようになるサプリありますよ」と宣伝すれば、心が動き、購入されます。

本書では、HARM(ハーム)に「世代」を掛け合わすことをオススメしてます。

この技を使うと、全年代の痛みをピンポイントで訴求することが可能です。

例:30代×Money(お金)=給料があがらない

「うわぁ、、、私の給料安すぎ、、、」

「朝10分実行するだけ!給料を2倍にする3つ習慣とは?」

もしあなたが、30代でお金に困っていたなら、タイトルをクリックしたくなりませんか?

最後にHARM(ハーム)の法則の使いどころをまとめます。

「特定ページのクリック率が低い」

「ページ滞在率が低い」

「クロージング文章」

ありきたりな文章を名文に変える技術

メンタリズム文章術を書く技術2つ目は、ありきたりな文章を名文に変える技術、です。

ありきたりな言葉に、過剰で具体的な言葉を組み込むと、その文章は名言に変わります

例えばトーマス・エジソンの言葉「成功したいなら1日18時間、一つのことに集中しろ」

「1日に18時間」と入れるだけで、言葉の価値がぐんと上がります、

ありきたりな言葉に、過剰で具体的な言葉を組み込むと、その文章は名言に変わります

結果、人の心を掴むフレーズがつくれるようになります。

ホンネとタテマエ

メンタリズム文章術を書く技術3つ目は、ホンネとタテマエを文章に取り入れること。

ホンネとタテマエを文章に入れることで、共感され、人を動かすことができます。

あなたも会社で、本音をこらえて生きてませんか?

ホントは「こうしたい」という現実。

でも「こうあるべき」という理想、、、

ホントデザインをしたい、でも営業しかやらせてもらえない

「こうありたい」と「こうであるべき」のギャップが大きいほど、心に刺さり、行動してくれる可能性が高くなります。

心に秘めている本音を見抜き、認めること。

結果、相手があなたを信頼し、本音を話し、行動してくれるようになります。

商品を売るために大切なこと。

それは、感情に訴えること。

それを使う人のタテマエを認めること。

結果、心が動き「買ってみようか?」と検討させる力を発揮するのです。

文章を上手くコツ【要約・レビュー:人を操る禁断の文章術 】

だからぁ、、、文章そもそもが、上手くかけないんだよね

野球でバウンドが上手くても、足が遅ければアウトになります。

コレと同じで、文章が書けないと、そもそも人は動かせません。

安心してください。

本書には、文章を上手くコツも紹介されております。

  1. あれこれ書かない
  2. きれいに書かない
  3. 自分で書かない

あれこれ書かない

1つ目は、あれこれ書かないこと。

伝えることは1つだけにしましょう。

なぜなら、アクションが1つに絞られ行動しやすいから。

ワンメッセージ、ワンアウトカムの法則です。

チャーハンの作り方が、100通りあったら、、、

迷ってしまい、逆に行動できなくなりますよね。

これとおなじで、伝えることを1つに絞ることで、行動しやすくなります。

きれいに書かない

2つ目はきれいに書かないこと。

これは、正論ではなく感情で文章を書くべき、といこと。

なぜなら、人は正論ではなく感情で動く動物から。

こんな経験ありませんか?

「上司が言ってることは正論なんだけど、なんかいい方がムカつく

正論で文章を書くと、鏡効果で相手の感情も押さえつけてしまいます。

結果、人は行動しなくなります。

では、どのようにすれば、感情で文章を書けるのか。

答えは、普段の話し言葉で文章を書くこと。

普段の口調で、文章を書く練習をすることで、感情が伝わる文章になります。

自分で書かない

3つ目は、自分で書かないこと。

これは、相手が望むことを書く、ということ。

なぜなら、相手に刺さる言葉は、あなたの頭の中ではなく、相手の心の中にあるから。

自分で文章を考えている時間は今すぐ停止しましょう。

文章は、自分の意見を書くのではなく、読み手の心の中を反映させること。

読み手は、どんな趣味があって、どんな悩みを持っているか。

それを反映する文章を書くことで、感情を揺さぶり、行動させる文章になります。

まとめ【要約・レビュー:人を操る禁断の文章術 】

まとめです。

結論、人を動かす文章が書けるようになる本です

本書は「メンタリズム」を利用し「人を動かす文章を書く方法」が記載しております。

こんなシーンで使うことで、クリック率や購入率を高くすることができるでしょう。

  • 記事タイトル
  • リード文
  • クロージング

メンタリズムと人を動かす文章に共通していることは「人を行動させること」

あなたの書いた文章が、読み手の悩みをピンポイントで突けば、まるで占い師のように、商品を売ることも、同意させることも可能になります。

この方法を実践したことで、私の人生は変化しました。

ブログで毎月5万円の収益が上がるようになった

本書はAmazonオーディブルで無料で聴けます。

2,300円がタダです。

アプリをダウンロードすれば、10年使える、一生食いっぱぐれないスキル最短入手できます。

今の会社だけでなく、どこでも通じる「普遍的スキル」を身に付けたい方にどうぞ!

人を操る禁断の文章術【電子書籍】[ メンタリストDaiGo ]


記事で参考にした書籍は無料ダウンロードできます
(2021年8月10日現在)

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

導入手順と解約手順はこちら♪

オーディオブックについて