文章力の向上

わかりやすい・伝わる文章を書きたい人へ【語彙力・表現力が身につく本】

表現力・語彙力身につく本
 
ブログで成果が上がりません。伝わる文章って書くコツを教えてください。人を惹きつける文章が書きたいです。
 

「どのページも滞在時間が短い、、、」

「半年たってもブログ収益0円、、、」

残念ながら文章すら読まれていない可能性があります。

稼ぐためには、伝わる文章を書く必要があります。

そこでこの記事は、書籍「文章術のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめてみた。」を参考に、伝わる文章を書くコツ、をお伝えします。

マネするだけで、文章力が高まるります。

さらに、本書を読むことで、月1万稼ぐ文章スキルが身につきます。

この記事でわかること

  • 「文章術のベストセラー100冊…」概要
  • 文章スキル
  • 語彙力(ごいりょく)の鍛えかた

語彙力トレーニング【語彙力・表現力が身につく本】

文章術のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめてみた

結論、語彙力(ごいりょく)を身につけることで、伝わる文章が書けます。

なぜなら表現が豊かになるから。

語彙力とは

「どれだけ多くの言葉を知っているか」

「どれだけ言葉を使いこなせるか」

に関する能力、です。

語彙力を身につけるメリットは3つあります。

  1. 正確に説明ができる
  2. 理解力が上がる
  3. 豊かに表現できる

 

順番に解説します。

正確に説明ができる

1つめのメリットは正確に説明ができること。

なぜなら、相手にもわかりやすい言葉が選べるから。

語彙力を身につければ、物事を説明するときに効果絶大。

頭のなかの「もやもや」を言語化できます。

もやもやしたまま相手に伝えても、もちろん伝わりません。

言語化することで、相手も正確に理解できます。

理解力が上がる

2つめのメリットは理解力が上がることです。

なぜなら、わかりやすく変換できるから。

こんな経験ありませんか?

この人、何言ってるのか全然わからん、、、何が言いたいんだろう…

語彙が豊富だと、自分の頭で変換することができます。

内容が難しい本を読んだとき。

支離滅裂の話を聞いたとき。

語彙力を学ぶ前の半分の時間で、内容を理解することができるようになるでしょう。

豊かに表現できる

3つめのメリットは、豊かに表現できることです。

理由は使える言葉が増えるから。

例えば、英語語を多く覚えることで、英語コミュニケーションが広がります。

これと同じで、単語が増えることで、表現力も豊かになります。

読書で辞書を引くこと【表現力が豊かに!伝わる文章力】

語彙力はどうやって鍛えるの?

おすすめは、読書です。わからない言葉は辞書を引くこと。

なぜなら、言葉の正しい使い方がわかるから。

辞書には用例が記載されてます。「用例」を見ていくと正しい言葉の使い方が身につきます。

意味があいまいな言葉、間違った言葉を使っていては、相手に伝わりません。

でも、辞書なんて持ってない。重くて持ち歩けないし。

そんなときは、ラッコキーワードをブックマークしましょう。

PC、スマホがあれば、いつでも調べられます。

ラッコキーワード

無料会員登録すれば「周辺語・連想語」「類語・同義語」機能が、1日上限なく調査できます。

ラッコキーワード

例えば、「楽しい」という言葉は、こんなに沢山、類義語があります。

読書をして、わからない箇所は辞書を引くこと!

会話で、わからないことあれば、辞書を引くこと!

ラッコキーワードで検索するクセをつければ、誰でも語彙力を高めることは可能です。

まとめ【語彙力・表現力が身につく本】

まとめです。

伝わる文章を書きたい人へ。

語彙力(ごいりょく)トレーニングしましょう。

なぜなら、表現が豊かになるからです。

語彙力を高める方法はこちら。

  1. 読書をする
  2. ラッコキーワードを使う
  3. 実践トレーニング

アクションプラン

ラッコキーワードの会員登録をして、スマホでブックマークしておきましょう。5秒で類義語が調べられます。

「文章術のベストセラー100冊」はたった1,000円ほどです。

本書は、文章のベストセラー本100冊のポイントを1冊にまとめた本です。

語彙意外にも、文章スキルが高まる技術が、目に余るほど記載されております。

5,000円でも元が取れる本です。

一生食いっぱぐれないスキル「文章力」を最短入手できます。

市場価値を高め「稼ぐ力」をつけたい人はどうぞ!


Amazonオーディブルは45万冊から選べる

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

導入手順と解約手順はこちら♪

オーディオブックについて