マーケティング

意味のあるSWOT分析にする1つのポイント【マクドナルド例】

SWOT
 

SWOT分析って難しい、、、時間もかかるし、、、コツを教えて!

5時間掛けてSWOT分析したのに、使わず終ったこと、ありませんか?

SWOTは、作って終わりで、活かしきれていない人も多いハズ(わたしもそうでした、、、)

実は、SWOT分析はマクドナルドで考えると、簡単に活かせることができます。

そこで、この記事は、マクドナルド分析をもとにSWOT分析のポイントを紹介ます。

著書「弱者でも勝てるモノの売り方」と参考動画も踏まえ、ポイントをお伝えします。

この記事を読めば、SWOT分析がちょっとだけ好きになるでしょう。

この記事でわかること

  • 正しいSWOT分析
  • SWOT分析が失敗する理由
  • SWOT分析のコツ

 

Amazonオーディブルは45万冊から選べる

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible
 

ペルソナを設定すること【失敗しないSWOT分析】

結論、SWOT分析のコツは、ペルソナを設定することです。

SWOT分析とは「アイデア」を生み出すツールです。

外部要因と内部要因を掛け合わせることで、売上改善アイデア、売上低迷対策、など発見できます。

ただ、SWOTは、分析しただけで満足し、活かしきれていない人が多いです。

なぜなら、ペルソナを設定していないから。

ペルソナを設定し、誰に対しての強み、弱みなのかを定義すること

こちらがSWOTを成功させるポイントです。

SWOTで分析した強み弱みは、人それぞれ違います。

だから、誰のためのSWOTなのか定義しなければ、失敗に終わります。

例えば、松屋で「大盛り半額キャンペーン」が始まったと仮定します。

強みは「ボリューム、安い、うまい」です

こんな分析をしたらNGです。

なぜなら、ダイエットしている女性にとっては、強みではないから。

誰に何をどうやって伝えるか

ペルソナがしっかりしてないと間違った方向、戦略になります。

必ずペルソナを設定しましょう。

マクドナルドに落とし込む【SWOT分析を簡単に】

マクドナルドでSWOT

SWOTを簡単にする方法は、マクドナルドに落とし込むこと。

なぜなら、SWOTの成功イメージが形成されているから。

マクドナルドなら、身近な企業なので、ユーザー、競合、自社の特徴が明確です。

本来SWOT分析は、3C(さんしー)ファイブフォース、STP分析など、多くの分析を行い、「強み」「弱み」「機会」「驚異」に落とし込んでいきます。

この段階で挫折してしまう方が多いです。

3C(さんしー)分析と、PEST(ペスト)分析だけあれば致命傷は回避できます!

PEST

コロナの影響で市場が変わりやすいので、PEST分析は分析する必要があります。

3c

競合入れ替えが激しいので、3Cも定期的に実施しましょう。

ポイントは、事実ベースで落とし込んでいくこと。

考察や予測はNGなのですね!

SWOT

最後はSWOTに落とし込み、施策を考えます。

マクドナルドで考えると、イメージしやすいですね。

まとめ【SWOT分析を簡単に!たった1つのポイント】

記事のまとめです。

SWOT分析のポイントはペルソナを作ること。

そして「誰に対しての強み、弱みなのかを定義すること」です。

なぜなら、強み弱みは人それぞれだから

「誰に何をどうやって伝えるか」目的を持って分析してから、戦略に落とし込みましょう。

そして、SWOTを簡単にするコツは、マクドナルドに落とし込むこと。

身近な店舗を使って、頭の中でSWOTが瞬時にイメージできれば完璧です。

アクションプラン

まずは、身近にある店舗(マクドナルドなど)でSWOT分析を練習してサクッと作れるレベルにしましょう。頭の中でイメージできるくらい慣れたら、同じ要領で提案すること。結果、受注に繋がる良い提案ができるでしょう。

本書は、たった1,000円ほど。

SWOT分析が、マンガ形式で楽しく学ぶことができます。

1,000円で10年使える、一生食いっぱぐれないスキル「分析力」が最短入手できます。

市場価値を高め「稼ぐ力」を身につけたい人はどうぞ!