文章力の向上

書く技術・伝える技術【要約・感想・レビュー】

書く技術・伝える技術
 
著書「書く技術・伝える技術」を読んだ感想をおしえて

本書を読めば、伝わる文章が書けるようになります。

文章力がない人は、知らず知らず、相手にストレスを与えてます。

なぜなら、解読することはエネルギーを使うから。

たとえば、契約書をすべて読むには、エネルギー使いますよね。

相手にストレスを与えてしまうと、できない社員のレッテルを貼られます。

できない社員認定されると信用がなくなり孤立します。

しかし、本書を読めば、そんな不安を解消することが可能です。

「7つの法則」と実践トレーニングを取り入れるだけ

明日から、できる社員に生まれ変わりましょう。

この記事でわかること

  • 伝わる文章力
  • 理解できる文章を書くコツ
  • SEOに効く文章を書くコツ

Amazonオーディブルは45万冊から選べる

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

ストレスを与えない文章術【書く技術・伝える技術】

この本を読むと「読み手に負担をかけない文章」が、自然に書けるようになります。

なぜなら、ストレスを与えない文章術を7つ学べるから。

例えば、家電の取扱説明書は、読むのが辛いです。

対策は、相手の立場になること。

  • どんな情報を求めているのか
  • どんなことに悩んでいるのか
  • どんな立場なのか


相手が望んでいることを想像すること。

結果、最後まで読んでもらえる可能性が高くなります。

読み手に負担をかけない文章【書く技術・伝える技術】

読み手に負担をかけない方法は、本書で7つ紹介されております。

ここでは3つだけ紹介します。

  1. 文章の冒頭に重要な情報をまとめて書く
  2. 文章はパラグラフ(文章の段落 )を使って書く
  3. パラグラフ(段落)の冒頭に要約分を書く

文章の冒頭に重要な情報をまとめて書く

文章の冒頭に、重要な情報をまとめましょう。

なぜなら、読み手が短時間で情報を得られるから。

このページ、結局、答えの記載ないじゃん!!

読み手に負担をかけてますね。

なので、文章を書く際は、先頭で「総論」「結果」「結論」を伝えること。

そうすれば初期段階で「このまま読みすすめるべきか」判断できます。

結果、相手に負担をかけない文章を作ることができます。

文章はパラグラフ(文章の段落 )を使って書く

文章はパラグラフ(段落)を使って書きましょう。

また、1パラグラフ1トピックにしましょう。

なぜなら情報の整理が容易になるから。

1パラグラフ1トピック

例えば、「美味しいお米の炊き方」というパラグラフに、「美味しいプリンの作り方」という内容が記載されていたら、頭が混乱しますよね。

1パラグラフ1トピックを守ること。

それだけで、相手に負担をかけない文章を作ることができます。

パラグラフ(段落)の冒頭に要約分を書く

パラグラフ(段落)の冒頭に要約分を書くことが重要です。

なぜならメンタルモデルが形成されるから。

パラグラフをあわせる

ポイントは、前後が繋がるよう、パラグラフを記載すること。

メンタルモデルが形成されるので、ストレスをかけずに伝えることができます。

※メンタルモデルとは。頭の中にある「ああなったらこうなる」といった「行動のイメージ」を表現したもの。例えば、「メガネを掛けている人は頭が良い」

まとめ【要約:書く技術・伝える技術】

本書は「書く技術、伝える技術」が向上する方法が記載されております。

また、実際のトレーニング法が記載されています。

体系的に学べる内容なので、今よりも確実にスキルが向上します。

  • セールスライティングが上達した
  • コピーライティングが上達した
  • メールのやり取りがスムーズになった

本書は、たったの1,000円です。
しかし、10年、いや20年先も使える、一生食いっぱぐれない文章スキルを最短で手に入れられます。

市場価値を高め「稼ぐ力」をつけたい人にどうぞ!

「書く技術・伝える技術」