ランニングが楽しくなるAudible30日間お試しはこちら

夏のランニング【バテる、しんどい】オススメしない3つの理由と対策

プロモーションが含まれる場合があります
夏ランニングおすすめしない理由
質問

暑くてランニング出来ません。日中走っている方、アドバイス下さい。

暑くなると、ランニングがツラいです。すぐバテてて、思うように走れません。

でももし、夏でも長く走れる方法があれば、知りたいと思いませんか?

そこでこの記事は、夏ランニングをおすすめしない理由と、対策を紹介します。

この記事を読むことで、夏ランニングを楽しく継続できます。

やたろう

夏のランニングを乗り越えれば、もう怖いものはありません。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
体験者:やたろう
  • 2014年からランニング継続
  • 2020年3月からAudible利用
  • 5か月で14キロダイエット成功
  • SEO検定1級合格
14キロ痩せる
ランニング5か月:70キロから56キロへ
2022年8月19日 56キロをキープ
Amazomオーディブル
Audible:2022年3月から利用中
SEO検定1級
SEO検定1級
登場人物
登場人物
この記事でわかること(目次)

夏にランニングをおすすめしない3つの理由 【辛いだけ】

夏にランニングをおすすめしない理由は、以下3つです。

  1. シンドいのに痩せない
  2. 光老化が進む
  3. シミ祭りになる

順番に解説します。

シンドいのに痩せない

シンドいわりに痩せない
シンドいわりに痩せない

夏は、ダイエットには向かない季節です。

その理由は、運動量が減るためです。

冬と比較すると、夏は暑さで長い距離を走ることができません。また、暑さのために身体が疲労しやすく、運動効果が低下してます。

一方で、冬は、冷たい体を温めようとするため、カロリー消費量が大きくなります。

気温が高くなると、外で汗をかいていると痩せてるような気になりますが、それは勘違いです。いくら汗をかいても痩せません。「汗をかく」と一見、カロリーをたくさん消費していると思いがちですが、運動・サウナ・外気が暑いからかく汗は実はほとんどエネルギーを使っていません。

ホットペッパービューティー

汗をかくことは、エネルギーを消費しません。食事制限するほうが効果的です。

光老化が進む

光老化

夏のランニングをおすすめしない理由2つ目は、光老化が進むから。

光老化とは、紫外線による老化です。

夏は、1年でもっとも紫外線が強いので、老けやすい季節です。

光老化は紫外線に対する防御反応として、皮膚は厚くゴワゴワになり、色も濃くなります。それがシミ、しわとなって現れます。

公益社団法人日本皮膚科学会
やたろう

日焼けをしている人って老けて見えますよね

夏ランニングは真っ黒になるので、30代なのに40代に見られます…もし夏に走りたいなら、日焼け止めを塗って朝夜に走りましょう。

わたしは、「NALC 日焼け止めジェル」を使ってます。水に強いので、汗をかいても日焼け止めが取れません。「日焼け止め塗ったのに焼けた…」対策ができます。

シミ祭りになる

しみになる
シミになる

わたしは、ランニング中にシミ対策をしなかったため、40歳で急にシミが増加しました。20代のころはすぐに治っていたシミも、年齢を重ねると取れません。

なぜなら、新陳代謝を悪くなっているからです。特に夏は紫外線量が多いので、日中ランニングするのはおすすめしません。

夏でも楽しくランニングする方法【バテない】

ジムに行くのはもったいない
ジムに行くのはもったいない

「夏だけジムに行くにも、お金ないし、めんどくさい」

そんな人のために、夏ランニングを楽しくする方法を、5つご紹介します。

  1. ランニングアイテムを見直す
  2. 走る時間を見直す
  3. ランニングコースを見直す
  4. 日焼け対策を強化する
  5. ルームランナーを購入する

順番に解説します。

ランニングアイテムを見直す

ホワイト系のランニンググッズ
ホワイト系のランニンググッズ

1つ目は、夏のランニングアイテムを見直すこと。なぜなら、アイテムを1つ変えるだけで、体温を下げることができるからです。

例えば、ランニングウェアを白かピンクのメッシュ生地に変えるだけで、暑さ対策ができます。太陽の熱を吸収しづらくなるからです。

2020年に発表された一ノ瀬の研究では、黒・紫・深緑・緑・青・赤・黄・灰・白の9色のポロシャツを屋外の炎天下に5分間置いた。「白」のポロシャツが30℃だったのに対し、黒色や緑色は45℃を超えたとされています。

All About
やたろう

黒と白のウェアは、15度も違います。

私はネイビーが好きなので、夏もよく着用していました。が、完全に間違いでした。ランニングを自ら辛くしていただけでした。

ランニングウェアをホワイトにしたところ、快適です。

走る時間を見直す

7月は朝7時でも日差しが強い

 2つ目は走る時間を見直すこと。

あたり前ですが、朝か夜の方が涼しいからです。

朝に走るメリットは、以下3つ。

  • ついでに朝活できる
  • 食べてないので、脂肪から消費する
  • 早寝早起きするため肌に良い

夜走るメリットは涼しいことだけ。夜道は危ないデメリットもあるので、朝ランニングがおすすめです。

ランニングコースを見直す

日差しを避ける
日差しを避ける

夏は、ランニングコースの見直しおすすめです。

なぜなら、並木道のランニングコースにすることで、熱中症対策になるからです。

日陰を選んで走る
日陰を選んで走る

夏は帽子をかぶるので、頭の保護はできます。しかし、腕や足の保護はできません。並木道なら、全身の暑さ対策ができます。

しかも無料で。

日焼け対策を強化する

夏は太陽の位置が冬よりも近い
夏は太陽の位置が冬よりも近い

4つ目は、日焼け対策を強化すること。今から日焼け対策すれば、5年後シミにならず、ランニングが楽しく継続できるからです。

わたしは、日焼け対策をしなかったので、8年後にめちゃくちゃ後悔…ランニングをやめて、室内に切り替えようと思った時期もありました。

5年後も、たのしくランニングがしたいなら、今、日焼け対策をしましょう。

夏のランニング対策
  • 日焼け止め
  • 飲む日焼け止め
  • UVカットのウェア
  • 指カットのサングラス
  • フェイスマスク

ルームランナーを購入する

5つ目は、ルームランナーを購入すること。

ルームランナーがあれば、家でランニングできるので、夏の暑さを対策できます。

created by Rinker
¥34,800 (2024/03/05 01:32:58時点 楽天市場調べ-詳細)

ルームランナー、実は楽天で30,000円ほどで購入できます。

ルームランナーのメリットは、いつでもどこでも走れること。

時間や気候に縛られず、スキマ時間にランニングができます。

一方、デメリットは置き場所に困ること。ワンルームに住んでいる場合は厳しいでしょう。

部屋が狭くて置けない人は、レンタルする方法もあります。ただし、配送料を負担する場合が多いため、購入してしまった方がお得です。

しんどい夏ランニングは、まずシミ対策を【まとめ】

熱中症になる
まとめ

まとめです。

夏にランニングをおすすめしない理由は、以下3つです。

  1. シンドいのに痩せない
  2. 光老化が進む
  3. シミ祭りになる

20代のころは、シミができてもすぐに治ります。しかし、40代になると、なかなか消えません。

クリニックで、シミを1つ消すのためには、10,000円以上。だから、20代のうちに、日焼け対策することで、10年後も、楽しくランニングできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)